植物棚にLEDライトを設置。1,000円台の安いライトでも育つ!?【オーム電機 ECO&DECO】

ぴめりー

観葉植物を「お手頃価格のLEDライト」を使って育てています!

植物の棚に、1,500円前後のライトを取り付けています。

ライトの詳細、設置方法などをまとめました。

この記事はこんな方にオススメ
  • 植物の棚にLEDライトを設置したい
  • 安いLEDライトで植物を育てたい

動画でもどうぞ

目次

オーム電機/LED多目的ライトECO&DECO 昼白色

▷ オーム電機/LT-N600N-YS

植物用の育成ライトではなく、普通のLEDライトを付けました。

スペック&特徴

  • 軽い
  • 明るい
  • お手頃価格
  • マグネットでも付けらる
  • 連結も可能

30、60、90cmのタイプがあります。

仕 様・60cmタイプ
■ 定格電圧:100V 50/60Hz
■ 定格消費電力:10W
■ 光源色:昼白色
■ 全光束:1100 lm
■ 固有エネルギー消費効率:110.0 lm/W
■ 平均演色評価数:Ra80
■ 定格寿命:40000h
■ 外形寸法:(約)幅25×高さ35×長さ610mm
■ 本体質量:約113g
■ 最大連結可能本数:6本(60cmタイプ同士の場合)
■ 付属品:スイッチ付電源コード(約2m)×1本、出力コネクターキャップ※装着済(1個)、
固定用部品(固定板・ネジ・プラグ・ボルト・ナット・マグネット×各2個)、取扱説明書

スイッチは2カ所

本体とコードの中間に付いています。

luxを測ると…

ぎりぎりまで近付けると、1,7万lux。

20cm離すと、4500lux。

20cm離し、真下ではない場所は、3500lux。

お手頃価格ですが、かなり明るいですよね。

わが家では、9時間以上点灯させていますが、発熱もほとんどありません。

設置場所・リビングの植物棚

日当たりがあまりない場所なので、ライトで補っています。

下段の観葉植物用です。

▷ 棚についてはコチラの記事へ
植物の棚に使っている北欧風のオープンラック【 Lien・リアン】

余談ですが、上段の多肉植物には、植物育成ライト「TSUKUYOMI/ツクヨミ」を使用しています。

主にアガベに使っていますが、良く育ちます。専用ライトの威力は、やはり凄いですね。

両面テープで設置

とても軽いので、あと残りしにくい両面テープで貼り付けました。

「ダイソーのしっかり貼れてきれいにはがせる両面テープ」を使っています。

※テープで貼るのは危険かもしれません。真似される方は、お気をつけください。

マグネットでも付けられます

付属の金具は結構強力でした。スチールラックには、マグネット付けが便利そうですね。

まとめ

こちらのバーライトは、光量を必要としない植物には、十分な明るさだと思いました。

今のところ、植物の調子は良いです。

お手頃価格なので、育成ライトの補助として使うのも良さそうですね。

何ヶ月か使用して、また成長を報告しますね〜♪

動画でも詳しく紹介しています

ブログランキングに参加しています


↓ポチっとしていただけると更新の励みになります‼

にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ
にほんブログ村

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

東京都港区在住。
植物普及委員会・会長。
垂れ下がる系、モシャモシャ系の植物が特に好き。
植物普及委員会では、会員様を募集しています。
今のところ、会員は自分1人のみです…(笑)

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる