「コウモリラン」の育て方|鉢植えvsハンギング、どっちが良い?

コウモリランを育て始めて以来、

「鉢植え、ハンギング。どちらで育てるのが良いのか?」と、長年考えてきました。

最近、私なりの結論が出ましたので報告します!!

ぴめりー

結論・どちらでも育つ。
なので、自分にあった方で育てるのがオススメです。

以下、深堀りしています。
なにかのお役に立てると幸いです♪

※なお、最もポピュラーな「ビフルカツム」の場合です

目次

ちょこっと植え替えにお付き合いください

1ヶ月ほど前に、ハンギングで育てているコウモリランを鉢に植え替えました。

before

ハンギングのコウモリラン

苔玉で育てていたコウモリランを…

after

鉢植えにしました。

鉢の詳細/レチューザ

≫ レチューザ LECHUZA MAX CUBI マックスキュービ

底面灌水の鉢に植え替えました。

ざっくり言うと、水やりが楽になる鉢です。
鉢の下に溜まった水を吸い上げることで管理します。

レチューザはコウモリランにも向いていると思います。

楽にきれいに育てたい方にオススメの鉢です。

レチューザについて、詳しく知りたい方はコチラの記事へどうぞ
≫ 植物好きがオススメする、楽にキレイに育てられる魔法の鉢「レチューザ」

ハンギングと鉢植え、どっちが良い?

コウモリランの鉢植えハンギング

コウモリランは丈夫で、鉢でもハンギングでも、どちらでも育ちます。

結論・自分にあった育て方を選ぶのが良い!!

鉢植えが良い場合
ハンギングが良い場合
  • サイズを現状維持したい
  • 水やりが大変
  • 超乾燥する部屋で育てている
  • 大きく育てたい
  • 頻度な水やりが苦ではない
  • 吊る場所がある

今まで、鉢植えとハンギング、交互に植え替えしてきた私の個人的な感想ですが…

わが家では、ハンギングの方が断然成長します

大きく育てたいなら、ハンギングの方が良いと思っています。
(個人的な観察結果です。環境によっても差が出てくると思います)

ハンギングは、着生植物であるコウモリラン本来の姿に近い。

本来はこんな感じで樹木にくっついて育つ植物です

なので、ベストな育て方なのは当たり前ですよね。

ただ、わが家の超乾燥した環境だと、水切れがかなり早いです。

コウモリラン・ドボン方式

結構な頻度で苔玉ごと水にドボンとしなくてはなりません…(^_^;)

鉢植えは、水やりの頻度は減りますが、

風通しに気を付けなければなりません。

一長一短に感じますが、結局のところ、自分の性格と環境に合った育て方がオススメです👍

ぴめりー

コウモリランさんは丈夫な体の持ち主。
水分、光量、風通し、を気を付けてあげれば、鉢植えでもハンギングでもOK。
きっとあなたの育て方に馴染んでくれますよ。

友人宅では、鉢でもハンギングでも、どの子も美しく育っています。
↓いろいろな品種の子を育てているので、ぜひ参考にしてね♪

まとめ

コウモリランは鉢植えでもハンギングでも、ちゃんと育つ。
自分にあったスタイルで楽しもう

※あくまで持論です。

植え替えから約1ヵ月。

まだ冬ですが、新芽がぴょこーんと伸びてきました。

鉢植えでも元気に成長しています。

コウモリランの観察は飽きないなぁ。
また報告しますね〜♪

余談ですが、今年はヘゴ板付けに挑戦しようと思ってます!

≫ ヘゴ板 20X30 | コウモリラン

ブログランキングに参加しています


↓ポチっとしていただけると更新の励みになります‼

にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ
にほんブログ村

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

東京都港区在住。
植物普及委員会・会長。
垂れ下がる系、モシャモシャ系の植物が特に好き。
植物普及委員会では、会員様を募集しています。
今のところ、会員は自分1人のみです…(笑)

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる