【入れるだけ】植物がオシャレになる鉢カバー【イッタラのプラントポット】

ぴめりー

プラ鉢の植物を格上げしてくれる鉢カバーを紹介します!

こんな方にオススメ
  • 植物をもっとオシャレに飾りたい
  • プラポットで育てたい
  • 北欧デザインが好き
目次

イッタラ ナップラ プラントポット

イッタラのプラントポット
  • ブランド Iittala/イッタラ
  • シリーズ ナップラ
  • サイズ H260 x φ155mm
  • 材質 磁器
  • 原産国 タイ(公式ショップにて購入)

↓楽天でも取扱いありです

イッタラ ナップラ プラントポット iittala NAPPULA

ずーっと欲しくて、先日やっと購入しました。

イッタラといえば、北欧デザインの食器が有名ですよね。実は、食器以外にも置物や花瓶も売っているので、植物好きさんも要チェックブランドだったりします。

植物好きを虜にするデザイン

どうでしょうか?

こんなステキ画像を見せつけられたら、植物好きさんは欲しくならないハズはありませんよね。

植物好きさんなら、誰しも持っていいる、「もっと植物をオシャレに飾りたい」という欲望。

イッタラさんがそんな欲望を度々くすぐってくるので、抗えませんでした。

ひじょ〜〜に植物映えするアイテムですよね。

入れるだけでオシャレに

BEFORE

フィッシュボーンカクタス

プラ鉢のままでどこか味気ない植物さんも・・・

AFTER

ちょっと鉢が出てるのはご愛嬌

プラントポットに入れるだけで一気にオシャレに!

植物好きさんの中には、プラ鉢を愛してやまない方もいらっしゃると思います。

私もその1人で、ポリポット愛好家でございます。いくつかプラ鉢で育てています。

安い、軽い、水持ちが良い、と超優秀なプラ鉢ですが、ちょっと残念なのは見た目ですよね。とはいえ、ポリポットの見た目も意外に好きだったりしますが…。

そこで、鉢カバーの出番‼

植え替えなくても、入れるだけでオシャレになります👍

スペック

頑丈

食器やガラス製品で有名なイッタラが作っただけあって、とても頑丈でした。

素材感は、超定番の食器・ティーマと同じ雰囲気。

↓比較するとこんな感じ

左・ティーマ 右・プラントポット

ツルりんとした扱いやすい素材です。

ポットの移動や植物のお手入れ時も気楽に扱えるので、気に入りました。

決して軽い方ではないとは思いますが、丸洗いするのも億劫にならない重さでした。

内寸

個体差があると思われますが、鉢周り(直径)は14㎝でした。

高さは一番高いところで11cm。

画像がぼやけてしまい、すみませんm(_ _)m

だいたい4号鉢までが入る感じですね。(鉢の形状にもよりますが)

超余談・目を書いてもいい感じ(笑)

ハオルチアを入れたら、角刈りさんに見えてきたので目を書いてみました。アメリカのアニメに出てくるキャラみたい!

↓フィニアスとファーブに出てきそう

超余談、失礼しました。

実例

コウモリラン×プラントポット

コウモリラン・プラティケリウム・ビフルカツム
プラティケリウム・ビフルカツム

バランスが微妙ですが、カッコいいです。

苔玉のコウモリランなら、お手入れもこのポットのみで完結できますよね。

ポットに水をはって、苔玉を直にドボンでお手入れ終了。うん、便利そうですね。

ポトス×プラントポット

ポトス テルノ シャングリラの水挿し

水挿し中のポトスを入れてみました。

水を取り替える時も洗いやすくてイイ感じです。しばらくこの状態で使ってみようと思います。

ポトス・テルノ シャングリラをイッタラのプラントポットに入れる
ポトス テルノ シャングリラ

なんだか冴えない鉢も、鉢カバーに入れるだけでオシャレに変身するので、みなさまも是非活用してみてね。

以上、イッタラのプラントポットの紹介でした〜♪

↓楽天でも取扱いありです

イッタラ ナップラ プラントポット 260x155mm

↓背の低いタイプ

イッタラ ナップラ プラントポット 230x155mm

↓オシャレな鉢カバー色々
 

 

※鉢カバーを使う場合の注意点は、「通気性」です。極度に蒸れを嫌う子には注意してあげてくださいね〜。

オシャレな鉢カバーをお探しなら、アルテックもオススメです

アルテックのプラントポット

≫ 植物好きは買うべき‼美しの鉢・アルテックのプラントポット

動画にも写ってます

チラっとですが、冒頭と最後に写ってます。よろしければご覧ください(*´∀`)

ブログランキングに参加しています


↓ポチっとしていただけると更新の励みになります‼

にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ
にほんブログ村

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

東京都港区在住。
植物普及委員会・会長。
垂れ下がる系、モシャモシャ系の植物が特に好き。
植物普及委員会では、会員様を募集しています。
今のところ、会員は自分1人のみです…(笑)

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる